上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士五湖(100キロ)EKIDEN(10キロ)道志村トレイル(41キロ)の怒涛の3週連続3連戦が終了しました。

つ、疲れた・・・

初戦の富士五湖は周囲にゃ大きくサブ10などと吹いていたが、現実的な目標としてサブ10.5、最悪でもサブ11をノルマとしていた。で、結果11時間18分

続いて翌週のEKIDEN。もともと職場のユルJOG仲間のイベントで、ハナから記録なんぞ気にせず富士五湖の疲労抜きと位置付けていたのだが、事前に渡されたメンバー表に見知らぬ名前が・・・

Q.「コレ誰?」
A.「1階の受付嬢です」

一気にテンションあーーーーーーーーーーーーーーーっぷ !

しかしかつて無いほどの気合で臨んだものの、富士五湖の疲れは如何ともし難く前半5キロで敢え無く撃沈。結果44分04秒。職場最速の座を若手イケメンに明け渡すことに(悔)

そして 「新」日本三大変態レース 初戦の道志。エントリー時に立てた目標はサブ7.5。しかし実際に試走をしてみると、予想を遥かに上回る厳しいコースでサブ8も厳しそうな予感。

一応予定では・・・
第1関門 4時間
第2関門 5時間50分
ゴール  7時間30分

実際
第1関門 3時間56分
第2関門 6時間01分
ゴール  7時間50分

辛うじてサブ8だけは死守といった感じ

それにしても本~~~当にキツイコースでしたね。試走の時にどんなに慎重に入っても今の走力じゃ最後までイーブンペースで走り抜くことは『不可能』と悟ったので、本番では『終わった足でどこまで粘れるか』が勝負と考えていました。でも10キロもいかないうちにレース中ではハセツネでも富士五湖でも経験したことがないほどの足の重さを感じてもうヘロヘロ。絶対的な走力不足を痛感した次第です。

7月の「新」三大変態レース第2戦までにどこまで走力アップできるかな?
次もまた返り討ちに遭うことだけは絶対に避けたい今日この頃(汗)


スポンサーサイト
CM2. TB0 TOP▲
今年も無事100キロ完走。去年の記録を2時間以上更新したけど・・・

110430a1.jpg


初挑戦だった昨年 は前日にクルマでコースを一周し、あまりの距離の長さに走る前から完全にビビってしまいました。なので今年は後先考えず序盤から突っ込み見事に撃沈。やっぱアホですね(苦笑)

30Kまではタイムはズルズル落ちているもののスタート直後の下り坂やトイレ(小)に3回寄ったり信号待ちもあったりしたので、体感的にはほぼイーブンペースだったと思います。

最初に辛さを感じたのは、いわゆる「35Kの壁」でフルの通過は3時間45分くらい? 45Kくらいからだんだん走るのが嫌になり「リタイア」の文字が頭をよぎりますが、運良く今回のチームメイトであるM女史と合流し51.6Kの西浜小エイドまで引っ張っていただきました(感謝)。

西浜小エイドで大休憩しデポしていた缶コーヒー&エアーサロンパスでリセット。その後体感的にキロ6分ペースで進みますが66Kの精進湖エイドの信号(ただの横断歩道だったかも?)で一旦止められ、係員さんの合図で前進しようとした途端、右膝が悲鳴を上げその場でへたり込んでしまいました(涙)。

そこから先は地獄でしたね。足を引きずり小股で歩いたりケンケンしたりして徐々にスピードを上げていくと何とか走れるようになるのですが、エイドや信号でちょっとでも立ち止ってしまうとまた足が動かなくなってしまうことの繰り返し(号泣)。それでも何故かレース後半は「リタイアしたい」という気が全く起こらなくなっていたのは自分でも不思議です。

そして運命?の81.2K西湖公民館エイド。なんとココにはマッサージのサービスがあるじゃないですか! 右膝の痛みを訴えほんの数分施術していただくと、あら不思議、すくっと立ちあがって普通に歩ける、走れる! いや既に脚だけではなく肩から背中から腹筋から、つまり全身ボロボロだったので普通には走れない訳ですが、その後は膝の痛みが再発することなく残り19Kを走り抜くことができました。マッサージしてくださったオジサン、本当にありがとう。

さて、そんなこんなで最後の拷問のような上り坂も歩くより遅いスピードで走り抜け(いろいろあったけど今年は基本エイド以外では歩かなかったんですよ)、無事ゴールすることができました。完走できたことは素直に嬉しいし感動しています。また今回チームエントリーでチーム5人全員が無事完走し喜びを分かち合えた事もとても嬉しかった。でも、正直タイム的にはちょっと悔しいし残念な結果だったかな。今の練習量や実力ではこんなものでしょうけどね。来年はきっと・・・

110430.jpg


CM4. TB0 TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。