上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初参加の 青梅マラソン (30K)をファンランしてきました。
事前に友人から激混みで走り辛いコースと聞いていたのと、この1ヶ月ちょいコンディションが非常に悪く、カラダが鈍らない程度に騙し騙しジョグをしていただけなので、ハナから記録は狙わず「のんびりスタートして後半失速しない」ことを目標としてレースに臨みました。

結果は以下の通り。

~ 5 27:04
~10 22:59
~15 23:34
~20 22:11
~25 22:56
~30 21:57

TOTAL 2:20:41(NET 2:18:38)

いいんじゃないですか。
欲をいえば下り坂のラスト10Kはもっと上げたかったけど、ほぼ予定通りのペースで気持ちよく走ることができました。
スタート位置が14/36ブロックというちょっと後ろめだったことも良かったみたいです。前の方に並ぶとどうしても前半突っ込んじゃいますから。

あと今回は4月のウルトラ用に購入したゲルフェを投入してみたのですが、やっぱりイマイチ足に合わなくて実戦では使えないという事実が判明しました(涙)。20Kくらいの練習じゃほとんど問題なかったんだけどねえ。
ウルトラはやっぱりアディゼロjapanで勝負だな。

<写真は後日>
スポンサーサイト
CM2. TB0 TOP▲
YouTube に UTMF の動画がアップされていたので貼ってみる。
本家の動画はなんか重いもんね。




で、「お誕生プレゼントその2」としてゲットしたのが写真のストック。

110208_2100~01


※動画の人物は僕じゃないよ。念のため

トレラン界ではトレランポールとかトレランスティックなどと呼ばれており、カーボンパイプにLEKIの石突き、フライロッド用のコルクグリップ等を装着して自作している人も多い。
ボクも昨秋までは自作するつもりで素材の入手先を調べたり、キャスティングレッスン ポールレッスンに参加したり、スパイン(カーボンパイプの硬いところね)の向きは進行方向がいいのか逆がいいのか、ジョイント部分の補強は飾り巻きにしようか、ネームは白文字か銀文字か、などなど、どうでもいいような釣り人的妄想を膨らませていた。そう、どちらかといえばこの手の作業は得意分野だったりする。
結局、2011年春夏モデルとして写真のポールが発売されることを知り、そそくさと予約しちゃった訳だけど(笑)

本日ショップに「お取り置き」のポールを取りに行くと、ベテラン店員さんが新商品の初期不良を気にかけていた。今度のUTMFはこのポールにとって恰好の試験室になるかもしれない。
CM2. TB0 TOP▲
誕生日にはちょっと早いけど、自分自身への超でっかいお誕生プレゼント。
本日、エントリー完了しました。



正直、今回はハンパなく高い壁を感じています。もしかしたら完走できないかもしれません。
でも、僕には挑戦する権利がある。
CM6. TB0 TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。