上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬼ヶ島でお腰につけたコブを取ってまいりました。

いやー、初めての体験なもんでドキドキしながら病院へ向かったんですけど、到着してから手術開始までの時間は、なんだか妙に楽しかったですねwww
若くて(多分)、明るく、可愛い(に違いない)看護士のお姉さんが3人もついてくれて至れり尽くせり。(残念ながらマスクでお顔がよく見えず・・・) もう、何のプレイが始まるのかと。ハアハアwww

しかし、実際にオペが始まってしまうと、これはもう苦痛以外の何モノでもなく・・・
だって局部麻酔だからオペの一部始終が手に取るようにわかるんですよ。 ご丁寧に状況を説明しながらオペを進めてくれるし(汗) もともとテレビドラマの手術シーンが直視できない小心者ですから、大して痛いワケでもないのに(実際ちょっと痛くて悲鳴をあげました)、ひたすら歯をくいしばって、変な汗は大量に出てくるしで、途中、本気で暴れだそうかと。

で、55分間の拷問の末、無事にコブの摘出に成功。 術中にも説明がありましたが、コブの正体は血管の腫瘍(これまでの診察では血管か神経のどちらかと言われていました)で、見た感じ(ちょいグロ)では良性っぽいとか。 後は病理検査の結果が出てからのお楽しみです。

まあ、とりあえず取るモノ取ってすっきりしましたわ、これから2週間も湯船につかれないのは、ちと困りもんですけど。 それにしても今日は本当ーーーに疲れました。グッタリ


写真は地元のチャリ道です。 昨夜はこの桜のトンネルの下をのんびり5キロ弱走りました。
ジョギングともしばらくお別れですからね。


スポンサーサイト
今朝目覚めると筋肉痛も膝の痛みもほぼ治まっていたので調子に乗って走りだすと・・・
足は上がらないは膝は痛くなってくるは・・・
ふぅ、まだまだ疲れが抜けてないんですね。 今週いっぱいは大人しく養生しときます。ショボン

さて荒川のタイムっす。 前回のエントリーはグラフだけだったから。

公式記録 5時間16分02秒 (鬱)

ちなみに手元の時計計測では以下の通り

NET 5時間09分55秒
~ 5k  30'05" ( 30'05")
~10k  28'41" ( 58'47")
~15k  29'33" ( 1:28'20")
~20k  29'25" ( 1:57'45")
~25k  31'26" ( 2:29'12")
~30k  35'11" ( 3:04'23")
~35k  51'10" ( 3:55'34")
~40k  45'46" ( 4:41'20")
~GOAL 28'34" ( 5:09'55")

30キロ以降の落ちっぷりは我ながら見事なものです。 特にラスト 2.195Km なんて30分近く掛かって・・・(以下略)
次回はこのようなコトが無いように「最後まで走りきる足作り」と「徹底したペース配分」を心掛けたいものですわ。


それから写真も何点か。 今回、記録は残念だったけど、写真はよく撮れていましたよ♪

 080316b.jpg

080316e.jpg

080316c.jpg 080316d.jpg

CM9. TB0 TOP▲
初フル完走して得たモノは達成感ではなく「敗北」の二文字でした。
ナメてましたね、42.195キロを。 本当にゴメンナサイ、フルマラソン(涙)



上のグラフを見ていただければわかるように(2キロ以上の誤差はとりあえずおいといてwww)ほぼ30キロで力尽きちゃいました。 確か23キロの給水所だったと思いますが、水を摂るために速度を落としら急に右膝の力がガクっと抜けてしまったんですよ。 その時はアレレ?って感じで、それでもしばらくは何とか走れていたんですけど、30キロ過ぎにストレッチをしたら最後、もうどーーーにもこーーーーにも右膝に力が入らず前にも進まずで・・・(号泣)

そして35キロ。 荒川名物のシャーベットを頬張りながらフラフラと歩いていると、5時間のペースメーカーとその御一行様達が颯爽と走り去っていくではありませんか! ビックリしましたよ、ええ。 その時初めてこのままじゃ5時間以内でゴールできないってコトに気付いたんですから。 慌てて我に返りペースメーカー御一行様を追いかけますが、その差は縮まるどころか開くばかり・・・

時計を見ながら残りをどのくらいのペースで進めば5時間を切れるのか必死に考えようとしても、考えても考えても頭がガンガン痛くて答えが出ません。 ラスト2キロなんて本当に気の遠くなるような長い長い道のりで・・・

ぐったりうなだれ何の感動もないままゴールして、預けておいた自分の荷物を回収した後、芝生の上で30分くらい気絶して、帰り際に制限時間を越えてなお泣きながらゴールを目指す女性ランナーを目にした時は思わずもらい泣きしそうになりました。

帰路は帰路で相変わらず足は動かないし頭も働かないしで、自分がいったいどの電車に乗ってどこで乗り換えればいいのかもよくわからない始末www 今回はカミさんと一緒だったので無事に家までたどり着くことができましたけど、もし独りだったらどこかとんでもない場所で保護されていたかも??? 実は丸一日経った今でもまだ頭がボーッとしています。 内蔵もかなりダメージを受けたらしくお腹ピーピーだし。

オーバーペース、熱中症、etc・・・ 反省点は多々ありますが、やっぱ一番の敗因は単純にフルを走りきるだけの力が無かったということでしょうね。

写真その他はまた後日。
CM9. TB1 TOP▲
腰のコブの病理検査の結果が出ました。 判定は・・・・

「一応良性と出たけど確定ではない」 とのこと????

アキモエのコブ(直径約2センチ)はけっこう奥とゆーか深い所にあるんですよ。 なので背筋を伸ばした状態では異常が見られず、背中を丸めないとコブが確認できないんですわ。

先週の検体採取で太いモノをブスッと刺された(いまだに刺された所が腫れて痛いんですけど)時も、最初は刺し方が浅く脂肪しか採れず、2度目にしてようやくコブまで到達した・・・

筈だったのに、どうやらちゃんと採取できなかった可能性があるらしく・・・

そーゆー訳で(どーゆー訳だ?)とにかく切ってからもう一度病理検査をしようという事になりました。
ま、90%良性だろうとは言われましたけどね。 手術も局部麻酔で日帰りの簡単なモノですし。
しっかし本日もレントゲン、採血、採尿、心電図と検査三昧。 どうでもいいから(よくはないけど)早いとこ全て終わらせて楽にしてくれーって感じです(疲)

あ、今度の日曜はいよいよ初フル♪
コブの病理検査をするために組織の一部を採取されました。
注射で採ると言うので油断してたら、ナント直径5ミリもあるヤツで、しかも2ヶ所も・・・
ひーーーーー 馬じゃないんだから勘弁してくださいよ、マジで。
ま、痛くはなかったですけどね、麻酔しましたから。
それと3日間は入浴禁止だそうな。 もちろんジョギングも・・・ガックリ

それにしてもねー、明日も消毒に行かなきゃなので今週は4日間も病院通いです。
仕事も溜まる一方だし困ったもんだ。
日曜日は久しぶりに何もしない休日を堪能しました。
疲れていたんですねえ、その日は初フルに向け20キロのペース走を行う予定だったのですが、どーにも起きられず夕方の4時半まで16時間も爆睡しちゃいましたよwww

で、タイトルの 「こぶとりじいさん」 ですね、ハイ。
昨年の暮れでしたか、腰の背骨の脇あたりにコブを発見し、ストレッチで血管でも切れたかと思ってとりあえず湿布を貼っていたんですけど、何日たっても一向に治る気配が無くってね。 でも痛くも痒くもないのでそのまま放置していたんですわ。 しかし2月に入るとコブの周辺にハリやシビレが出始め、ジョグ中に若干痛むことも・・・

仕方なく2月末に重い腰を上げて近所の一応総合病院に行くと、整形外科の先生に妙にあっさり 「切っちゃいましょ」 と言われたのでした。 そして 「手術は形成外科の方が上手だからさっそく次の○曜日に形成で切っちゃいましょ。 予約入れときますから」 と強引に話を進められ・・・
いくら簡単な手術とはいえ切ったり縫ったりする以上、一週間やそこらは運動なんて出来なくなっちゃいますから、オイラも慌てて 「ちょっとまってください、3月中旬のマラソンに出たいんで切るのはその後にしてください」 なんてやりとりをして3月下旬の手術を予約したのでありました。

そして本日、実際にオペを行う(筈だった)形成の先生の診察があり、簡単な問診の後にCTの撮影をしたんですけど、なんかね、CTの結果 「石灰がどーとかこーとかだからやっぱり整形外科で診てもらってください」 とか言われちゃって・・・(絶句)
で、再び整形に行くと今度は 「いやーなんか思ったより簡単じゃなかったみたい。、専門の先生に紹介状書くからさ、はははははー」 とか言われちゃって・・・(絶句)

とりあえず日をあらためてMRI撮って、その翌日にCTとMRI持参で遠くの大学病院まで行くことになりましたとさ(鬱)

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。