上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「電車男」を読むと飲んでみたくなるのが「ベノアティー」なら「NANA」を読むと吸ってみたくなるのが、この「BlackStone Cherry」というタバコです。
最近アキモエが「24 シーズン?」と並んでハマっているのが少女マンガの「NANA」。
娘のマンガをちょっと借りて読んでみたら、もー面白くて。
中島美嘉主演の映画も観てみたい、でも観に行くのは、ちょっと、かなり恥ずかしいような気がする。 客層的に。
そんなジレンマを抱えながらDVDのレンタル開始を心待ちにしている今日この頃。
そんな折、たまたま立ち寄ったタバコ屋の自販機で「BlackStone」を見つけました。
さっそく試飲してみると・・・
うわっ、マズっ! マンガにもマズイって書いてあるけど、こりゃマズイ。もともと洋モクって苦手だしー。
パッケージに WONDERFUL AROMA OF PIPE TOBACCO と書いてあるので、本来飲まずに香りを楽しむモノなんでしょうね。何とも甘い香りで決してキライじゃありませんが、やっぱりマズイものはマズイっす。
スポンサーサイト

小平産のブルーベリーを使った発泡酒です。製造は新潟だけど一応地ビールになるのかな???
先日近所の酒屋さんで発見して初めて飲んでみたんだけど、お味は正直なところ・・・ちょっと微妙? フツーに飲めるけどね(苦笑)
以前は「多摩川源流仕込小平麦酒」っていう地ビールもあったんですよ。入手困難?で試飲する前に販売終了になっちゃって超残念。復活しないかなあ。
20051016145107
今日は横浜の中華街でランチです。
食べ放題つったってそんなに食えるもんじゃないよね-
エントリー遅くなりましたが、12日の夜に北の大地より帰還しました。何度かこのBlogでお話したとおり、移動、移動で本当にただひたすらバスに座りっぱなしのツアーでした。ほとんど歩くことが無かったので、長旅であったにもかかわらず全く疲れませんでしたね。たまにはこういう旅もアリなのかな? これから年々足腰が弱ってくるだろうし(笑)。バスガイドさんのツボを押さえたトークもなかなかヨカッタです。

でも、やっぱりねえ・・・ 釣りが出来なかったかったし、サケの遡上を見たかったし(車窓から2度ほど目撃したけど)、知床の遊覧船に乗れなかったし、夕食にカニ出なかったし、五郎さんの石の家に寄りたかったし、ラベンダーの咲いていないラベンダーファームに連れていかれたし、キレイなおねいさんとの出会いもなかったし、etc・・・(涙)

行程が無茶なこと以前に、やっぱり旅は自由気ままじゃなきゃ。今回は思い残すことがあまりにも多すぎたので、機会を見つけて二度三度と再訪しなくちゃどーにも納得がいきません。次回はもちろん釣りですね、もしくはカミさんと倉本聰関係を巡るのもイイかもしれない。それからススキノね。コレはカミさんと一緒の時はマズイけど(笑)

と、かなり欲求不満が募る北海道詣でだったのですが、最後の最後に神様はちゃんとご褒美を与えてくださいました。さりげなく、いや、露骨に日程表をエントリーしていたので、アキモエの電波を受け取った札幌在住の友人が家族と共に空港まで駆けつけてくれたのです。いや本当に感激しましたよ。本家HP開設当初から掲示板やメールだけでかれこれ6年近くお付き合いをして、今回初めて会えたんですから。ウルウル でも時間が限られていた上にちょっと興奮気味だったので、何から話せばいいのか戸惑っちゃったりもしましたね(苦笑) まあ、積もる話は次回のお楽しみにとっておきます。できれば今度は釣りでご一緒したいなあ。
20051011180906
今日もひたすらバスに揺られまくりでした。たまに止まるとソコは土産物屋さん。キレイな景色も鮭が遡上している川も土産物屋が無ければ完全スルーです。どうやら提携しているお店に客を運ぶためのツアーだったらしい・・・。
しかも今回の旅の最大の目玉である「知床海上遊覧」がシケで中止(と、バスの中でガイドさんから説明された)。どー見てもオイラにゃベタ凪に見えたけどね。
代わりに連れて行かれたのが魚市場風土産物屋と網走刑務所です。詐欺だー
20051010224207
宿泊先の阿寒湖着は夕方6時でした。自宅を出てから実に12時間、サスガ北の大地は広いです。
結局、本日の観光はバスからの景色と土産物屋のみ。明日の目的地のひとつであるプユニ岬(車窓)も楽しみだな♪
20051010165411
千歳を出てかれこれ6時間、足寄でトイレ休憩です。もうすぐ日没ですね。
何かの修行ですか?コレは。
20051010135410
千歳から2時間、日高でお昼ご飯です。
添乗員さんは女性2名、年齢はオイラより若そうですが・・・
社内旅行の日程表が届いた。
<1日目> 羽田→千歳→十勝平野→阿寒
<2日目> 阿寒→摩周湖→知床→網走
<3日目> 網走→富良野→千歳→羽田
な、なんじゃ、こりゃ???
知床なのに往きも帰りも新千歳空港?
十勝平野って平野のドコよ?
プユニ岬(車窓)ってナニ?
5号車って?バスツアーなの?
釣りは?ススキノは?
????????????????
サスガ格安ツアーです。千歳以外の便じゃチケット高いもんね。それにしても、いったい何時間バスに揺られなきゃいけないのだろう。いくらなんでも欲張りすぎ、つか拷問でしょ、コレは。
この行程じゃ単独自由行動は100%無理。旗を持った添乗員さんの後ろについてジジババ達と団体で観光する予感。でもってバスの中では綾小路きみまろさんの漫談テープと映画は北の零年&釣りバカ日誌でキマリっすね。スキあらば半日だけでも振り振りというアキモエの野望は儚くも崩れ去ったのであった。

シーズン終了目前に TALEX の偏光グラスを新調しました。TALEX はこれが二代目、先代は相模湾沖に沈んでいます。KAVUの先代 は東京湾の底ですし、どうも海に出るとロクな事がありません(苦笑)

先代の TALEX はオンにもオフにも使える偏光グラスをということで、眼鏡から偏光レンズを取り外せるダブルフレーム・クリップオンのオーダー品でした。眼鏡のレンズがガラス、偏光レンズもガラスという超ヘビーウェイトで、お値段もかなりヘビー。偏光部分がポロッと海に落ちた時のショックといったら・・・。本体の眼鏡は残りましたけどね(号泣)

以来、FoxFire のポリカ製クリップオンを愛用してきましたが、いい加減コーティングが寿命&コンタクト導入に伴い再び TALEX をオーダーした次第です。まあ、吊るしのサイトマスターでもよかったんですけど、どちらにせよフィッティング調整で眼鏡屋さんに行かなきゃなのでフレームが選べるオーダーの方がお得かと思いまして。値段も変わりませんし。

で、今度のレンズはCR-39のハードマルチコート。もちろん度無しです。色は自然な見え方重視でトルービュースポーツをチョイスしました(ちなみに先代は調光偏光グレー)。ガラスレンズにも未練はありましたが普段の眼鏡がプラレンズなので、やっぱり軽い方が楽かなと。

さて肝心の使い勝手ですが、TALEX だからといって特別良く見えるとは思いません。アクションコパーみたいな赤いレンズを選んでいたら、もっと違う評価になっていたかもですけどね。コンタクト導入時にとりあえず買った「冒険王」だって一応は目的を果たしていましたし(笑)。ただ明るいレンズなので、その点、薄暗い渓でも随分楽になりました。車を運転する時も暗過ぎずイイ感じで釣り以外の時も気に入って使っています。いつか余裕が出来たら赤や緑のレンズやコンベックス社の度付き偏光なんかも欲しいところです。

TALEX
opteria glassias 眼鏡店
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。