上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末なので2階トイレに展示しているリール達をキレイにしてあげました。



そのうちガラス扉のコレクションケースを作ってあげなきゃだな。
スポンサーサイト
20050602214702.jpg
左から Shakespeare Kazoo ,South Bend St.Joe 1170 ,Kalamazoo Surprise

上の写真のリール、一見全く同じものだが、1930年代に異なる3つのメーカーから販売されたリールである。いわゆるOEMとかODMとかいうヤツで、違いは裏面に刻まれたブランド名のみ。
写真はいずれもスチール製の80ydサイズで、他にガンメタフィニッシュの真鍮製や、スプール幅の異なる60ydや100ydなども作られている。ちなみに真鍮製は1920年代には販売されていたようだ。
シルクライン全盛の時代にラインを早く乾燥させるために考案されたデザインであるが、プレス加工で安価に量産が可能だったことも、このタイプのリールが普及した理由かも?
0511b3.jpg
フルーガー・プログレス 1783 - 5/11 峡東 -

使うのがもったいなくて一年近く自宅トイレに飾ってあったリールです。
今期はコレで美しい渓魚とのツーショットをビシバシ・・・
と目論んでおりましたが、現実はそう甘くありません(苦笑)

スケルトンタイプのリールではプログレスの60ydサイズが一番のお気に入り♪
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。