上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年3度目の釣りは北九州の竹竿職人Pさんを迎えての宴会でした。
お題目は「第2回」になっていたけど、ボクは南国に流されていた時に現地の宴会に参加しているから「第3回」になるのかな。

当日は午前1時過ぎに現地入り、既に皆さん盛り上がっていて3時半まで宴、5時半に目覚ましかけて床についたのに5時に起こされ、そのまま山に入ることになりました。たくさん歩いた割にはお魚は少なかったなあ・・・
翌日はお魚はたくさんいたけど、ことごとく釣れなかったし・・・(鬱)

つか皆さん上手だよなあ。知っていたけど再認識。アテネ五輪金メダリストの野口みずきさんの言葉に「走った距離は裏切らない」というのがあるけど、釣りも一緒だなとあらためて感じました。
でもま、楽しかったから全然OK、たぶん来年は更に劣化している筈ですが、次回もまた宜しくお願いいたします。



100904c.jpg

100904b.jpg


スポンサーサイト

先月、雪に行く手を阻まれた桃源郷に リベンジ 返り討ち www

100626d.jpg
あれからたったの一ヶ月でジャングルに・・・
破線の道、廃道、ゼンマイ径を駆使して渓にアプローチ。

100626a.jpg
苦労して降りたった渓は渇水気味(苦笑)

100626b.jpg
今期初の岩魚。この日は最後までだいたいこのサイズ。最大7寸。

100626c.jpg
あと10日早ければもっと楽しめたかもしれない。
でも、思いっきり癒されてきましたよ♪

九州からの客人を迎え、いつもの渓で和んできました。
お魚はあんまり、ほとんど釣れませんでしたけどね、いーんです、そんな細かい?ことは。普段の我らの遊び場をご紹介しつつ四方山話に花を咲かせることが真の目的でしたから。(って、誰が決めたん?)

090920b.jpg 090920a.jpg
090920c.jpg 090920e.jpg
090920f.jpg 090920d.jpg
また「沈」しちゃいました。全沈です、ええ。
段差堰堤を越えようとして背中から「ドボン」と。けっこう深くてですね、アップアップしちゃいましたよ。耳の中まで水入りまくりwww
釣果の方も激しく厳しかったですねえ、こちらもほぼ撃沈です。せめて大きいのが1本出れば救われるんですけどねえ、今年は(も)大物とは無縁のうちにシーズンが終了してしまう気配が濃厚です。


こういう時は防水デジカメ&ケータイが役立ちますな

090731b.jpg
それでもポツリ、ポツリと釣られていた Kさん


090711a.jpg今シーズンの長期計画?では先週末は晴れならお山を徘徊する予定になっていたのですが、気が変ってついフラフラと越後へ向かってしまいました。
釣りって行かなきゃ行かないでどーってことないんですけど、一度行き出すとクセになるんですよね。
で、朝から晩まで振り振りして、温泉入って、帰りの高速SAで朝まで爆睡して、帰宅後は片付け、わんこの病院、日曜大工にジョギングと、まこと充実した週末を過ごしたのでありました。

ちなみに午前中に入った川は洒落にならんほど渇水していて、魚少ないわバラすわ走られるわ。(梅雨はどこにいったんだ?)
午後の川はたぶん平水にも関わらず、ある意味命がけ?の渡渉を何度か強いられ、揚句、出るけどノラず。イブもライズ無く撃沈の釣行でした。

それでも一昔前なら数もサイズも十分な釣果だったんですよ、自分的には。
ただねえ、毎週、毎週、釣友たちのあまりにも非常識な釣果を聞かされてますからねえ。たまには自分も大きいのを釣ってみたいと思うわけですよ。
でも今年は厳しいかなあ、お山にも行きたいし。二兎追うものはナントカって言いますものね。




090711b.jpg
大きくはないんだけど、なんてゆーか非常に気持ち良く出てくれました

090711c.jpg
大プールでライズしていた砲弾ヤマメ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。