上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラヴィンスキー : ペトルーシュカからの3楽章

久しぶりにCD買いました。 昨年末にハマッたTVドラマ「のだめ」の中で登場する曲。 クラッシックのコトなんてちーとも解らないけど、ドラマで聴いてツボにきちゃって。 で、この曲が収録されているドラマの2枚組CDをレンタルしたんだけど、コレがこともあろうに曲が途中でフェードアウトして尻切れトンボになっちゃってるんですよ、ありえねー(怒) それで仕方なくネットで評判の良かったポリーニさん演奏のこのCDを購入した次第です。

ところで普段は音楽なんて主に釣行時の車中でしか聴きません。 しかも同乗者がいる時はもっぱらJ-POP(近頃のお気に入りはチャット・モンチー)で、独りの時も朝は小野リサ、日中はやっぱりJ-POPで、夜(特に高速道路)はシャーデーって感じ。 じゃ、クラッシックはどんな時に聴くのかといえば、コレはズバリ「深夜の山道のBGM」。 頭文字D的にはユーロビートが正しいんでしょうけど、僕はピアノの旋律と深夜の山道の組み合わせがたまらなく好き。

コトの始まりは数年前の釣行時、徹夜ドライブのBGMにフジ子ヘミングさんのリスト&ショパンをガンガン掛けていたところ、渓に立った後もラ・カンパネラがエンドレスで脳内に鳴り響き、妙にテンションの高い釣り(どんな釣りだ?)をしたコトから現在に至ります。(変な脳波が出ていたと思われ)

今年も解禁まであと2ヶ月弱、新たに仲間入りしたペトルーシュカ(あと小菅優さんの「リスト:超絶技巧練習曲」もゲット)は脳内麻薬を分泌するコトが出来るか否か、春が待ち遠しい今日この頃なのでありました。(まあ、毎年解禁当初はボーズばっかりだけどね)

あ、ついでにケータイの着メロも「今日の料理」に変えちゃいましたよwww

MIDI
ペトルーシュカからの3楽章 : 第1楽章 ロシアの踊り
スポンサーサイト

ドラマの大ファンなんです、ハイ。
で、原作をどーーーーしても読んでみたくなり、ご近所の この春に大学を卒業したおねいさん に貸してもらいました。(近所の古本屋に在庫無かったんすよ。)

なんかこの本、いい匂い がするんですけどっ。 いや、気のせいじゃなく、マジで。ハアハア

とりあえずドラマ放送分まで一気読みして、残りは明後日の最終回を見終わってからじっくり堪能する予定。

追伸
祝!コンサ4強
先週末にVOL.10~12のレンタルが開始されたのでさっそく制覇しました。
今回はシリーズ最高傑作という触れ込みでしたが、さすがに5話目ともなると見る方も慣れてしまって、1話2話の時みたいな緊張感で鑑賞することはできなかったですね。
シーズン?よりは良かったと思うけど。



さて来週からはいよいよチャリいじりだな、現物まだ届かないのに小物買って散財してしまった。
Amazonで買い物をした、商品購入価格は540円也。 しかし送料の300円(Amazonは1500円以上送料無料)が惜しいので、近所の書店で見かけ気になっていたベストセラー本もあわせて注文してみました。

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
野口 嘉則 (2006/05/10)
総合法令出版

詳細を見る

鏡の法則。 サブタイトルは 「人生のどんな問題も解決する魔法のルール」 である。
既に55万部を売り上げ、メルマガ(そういうのもあるらしい)の発行部数も日本最大級だとか。 Amazonのレビューもほぼ絶賛で 「読み始めて15分以内に効果が表れ、読んだ人の9割は涙する」 そうな。

本日、本が到着し、読むこと15分・・・
って、読み終わっちゃったんですけど、15分で。 内容たったのこれだけですか???
確かに良い話だとは思いましたし、ナルホド納得させられる部分もあるにはありました。 でも、涙はおろか目が熱くなることもありませんでしたね(映画やスポーツ観戦で涙することはもちろんあります)。 コレで人生のいろいろな問題が解決できるとも思いません。 どうやらボクは残りの1割に分類される人だったみたい。

うーむ、高い授業料(千円)だったな。 送料300円をケチったばかりに・・・
店舗改装のためずーっと休業していた近所のTUTAYAが昨日オープンしたのでさっそくDVDを借りてきました。 今回観たのは シムソンズ 。 先の冬季オリンピックでオヤジやオタクたちのハートを鷲掴みにした女子カーリングの物語。



うんうん、えがった~(涙) 大きな声では言えませんが、実はオイラ、若い女の子たちがきゃぴきゃぴ青春を謳歌している映画やドラマが大好きなんですよ(恥) 最近だとドラマの ダンドリ なんかが当てはまりますね(面白くはなかったけど)。

で、実は今日、隣の家の女子高生(チア部・美人)が文化祭でチアダンスを披露するそうな。 昨夜路上でバッタリ会った時に「見に来てください」って言ってくれたので、オコトバに甘えて超行きたいんですけど(ハアハア)カミさん仕事で一緒に行けないので仕方なく家で大人しくDVD鑑賞している次第です。

さすがに独りじゃ見にいけないよねえ、自分でも気付かないうちにイヤラシイ顔とかしちゃいそうだし(自信アリ)。 そもそも自分の子供たちの文化祭にも行ってませんから隣の女子高生のチア見に行きましたじゃオヤジとしての立場が・・・

そんな感じで悶々と日曜の昼下がりを過ごすアキモエでありました。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。